森のこと|十勝 かわい造園

オオバユリ

IMG_9950

 

 

このオオバユリ。花が咲く前でも十分に楽しめます。

まずは、オオバユリの繁殖方法。

一生に一度だけ繁殖を行う一回繁殖と自分の根元から子孫を増やす栄養繁殖がある。

 

IMG_9955

 

 

これが栄養繁殖でつくられた子孫。

でも、生き残るのは3つの芽のうち一つだけだそうです。

 

IMG_9954

 

 

これは、育った年数ごとの根の大きさの変遷。

真ん中の根はでんぷんをたくさん蓄えています。これは花を咲かせる準備期間で、咲かせるための栄養を蓄えるから。

 

そして、右の根は今年花を咲かせる根。

もう、栄養を使い切って、でんぷんの蓄えはないです。

 

昔、アイヌの人たちはオオバユリのでんぷんを食料として食べていたといいます。

探すのは、花を咲かせているオオバユリではなく、咲く前のオオバユリ。

これを見ると、理由は一目瞭然です。

 

 

 

種から花が咲くまでにかかる期間はおおよそ10年と言われています。

一度花を咲かせると、その花の命は終わり、あとは種を残して枯れてゆきます。

 

こんな、儚い物語を知ってしまうと、けっしてオオバユリを邪魔もの扱いができなくなってしまいます。